子どもを蝕む「健康脳」の恐怖

人気記事ランキング

ホーム > 体臭 > 食べ物で体の中から体臭を消す方法

食べ物で体の中から体臭を消す方法

人から匂う体臭は、その人が食べた物が多いに関わっています。
実は、食の欧米化により肉中心の現代の食生活は腸内環境を悪化させ体臭の原因になっています。
しかし、反対を言えば食べ物に気をつければ体臭消すこともできるのです。
【肉と体臭の因果関係】肉は「酸性食品」と言われ体を酸化させる働きがあります。
酸化すると体臭が臭くなるということは、酸化しないように酸性の反対のアルカリ性の食べ物を一緒に食べると体臭を消す効果があるのです。
アルカリ性の食べ物とは具体的には「緑黄色野菜」「果物」「海藻類」「大豆」などです。
お肉料理の際は体臭予防にも意識して摂取しましょう。
また、腸内細菌の悪玉菌は肉である動物性たんぱく質が大好物です。
肉中心の生活を送っていると、腸の中で悪玉菌が増殖し有害物質や悪臭物質を発生させます。
その悪性物質が血液と共に流れることで嫌な体臭や口臭になるのです。
つまり、腸内細菌の善玉菌を増やして腸内環境を整えることも体臭予防に効果的なのです。
善玉菌が多い食べ物はオリゴ糖を含む「大豆」「バナナ」「牛乳」や食物繊維が豊富な「穀物」「芋類」「海藻」などが挙げられます。
このように、肉を食べる生活でも一緒に食べる物を工夫するだけで体臭を消すことができるのです。
是非、一度試してみてください。

ワキガ 臭い 特徴